瑞歯(みずは)を守ろう運動
 


「瑞歯を守ろう運動」とは、湖北地域(長浜市・米原市)にお住まいの60歳以上の方に、最寄りの歯科医院に受診していただき、無料健診と口腔衛生指導を行う事業です。
瑞歯(みずは)を守ろう運動mizumiko.gif

私たち湖北歯科医師会は、平成9年9月から「瑞歯を守ろ う運動」を実施しています。長寿のしるしともいえる健康な歯を長く守ろうという運動です。高齢者の歯科保健に関しては、在宅寝たきり老人歯科保健対策事業 がありますが、寝たきりになってからの歯科治療は、基礎疾患の程度が重く、治療のリスクも高くなり、処置も制限され十分な医療を施すことが出来ません。

今まで見過ごされてきた、高齢者の口腔健診を実施し、口腔衛生管理を行えるよう衛生指導し、治療を必要とする場合は治療を勧告します。健康なうちから定 期検診を受けることにより、寝たきりになった場合でも、ホームデンティスト(=かかりつけ医)による一貫した治療を受け、健全な口腔を保つことにつながる ものと考えています。


 湖北歯科医師会は「瑞歯を守ろう運動」に参加された中から、特に口腔状態の優秀な方を、毎年6月開催の「湖北口腔保健フェスティバル」の「8020健康老人表彰」の中で表彰を行ない、記念品を授与しています。

対象
湖北地域(長浜市・米原市)にお住まいで、60歳以上で歯科医院に通院可能な方

瑞歯の由来
瑞歯の持つ意味
「瑞歯」とは、「瑞々しい歯、めでたい歯、長寿のしるし」という意味があります。「瑞歯別天皇は、生まれながら歯骨のごとし。」と日本書紀にしるされ、歯 が丈夫で生命力があふれているところからこのように命名されれたとされています。また、「ミズハワケノミコト、御歯上下等しくととのひてすでに珠を貫ける がごとくなりき」とも古事記にしるされています。  瑞歯をまもろう運動は、この言葉の語源から由来しています。

実施方法
自治体が対象者に「老人保険受給者証」配布時に、受診カードをお渡しします
      
最寄りの歯科医院、かかりつけの歯科医院にお電話等でで予約を入れてください
      

受診カードに必要事項を記入します 老人手帳を持参してください
      

無料で検診と口腔衛生指導を行います
      

受診された歯科医院で定期的にリコール検診を受けることをお勧めします